魔法(ととモノ。)

【ととモノ。Switch】『剣と魔法と学園モノ。Anniversary Edition』魔法解説ーアウトライン

「ととモノ。」魔法
管理人

管理人のトイトブルクです。
本記事に興味を持っていただき、ありがとうございます。

「ととモノ。」(剣と魔法と学園モノ。Anniversary Edition)をプレイしていて、こんなことはありませんか?

プレイヤー

いろいろな要素があるけど、全然ゲームや公式サイトに説明がない!

管理人

「ととモノ。」ってかなり説明不足のゲームなんですよ。

ドラゴンクエストやファイナルファンタジーでも、ゲームシステムがわからないと心から楽しめませんよね。

そこで管理人が攻略本を参考資料にしつつ、ゲームシステムを解説することにしました。

本ブログの記事を読んでもらえれば

ゲームシステムを理解できる
不必要な遠回りを避けられる
その結果「ととモノ。」を心から楽しめる

といったメリットがあります。

「ととモノ。」のゲームシステムは多岐にわたるので、複数の記事で解説していきます。

「ととモノ。」の全体像はゲームの流れ記事をどうぞ。

本記事では魔法を取り上げます。

『ととモノ。』の魔法システム

『ととモノ。』における魔法システムは一般的なRPGとは異なり、系統別・レベル別の回数制を採用しています。

これだけでは何のことかわかりませんので、下の例を見てください。

系統 限界数 Lv1 Lv2 Lv3 Lv4 Lv5 Lv6 Lv7
魔術士 (4) 9 7 5 4 4 0 0
僧侶 (3) 4 4 0 0 0 0 0
超能力 (3) 0 0 0 0 0 0 0
召喚 (0) 0 0 0 0 0 0 0

魔法の系統

『ととモノ。』の魔法は魔術士・僧侶・超能力・召喚の4系統に分類されます。上の表の1列目が系統です。

魔法習得限界数

各系統・各Lvには4種類の魔法があります(召喚魔法のみ2種類)。

たとえば魔術士魔法のLv1は、ファイア・マプル・スリプズ・ダシルドの4種類です。

しかし、キャラクターが就いている学科によって、系統ごとに習得できる魔法に限界数が定められています。

上の表で(4)のように書かれている2列目が限界数を表しています。

魔術士の場合、魔術士魔法は各レベル4種類の魔法を扱えますが、僧侶魔法と超能力魔法は3種類しか扱えません。

僧侶から魔術士に転科する場合、あらかじめ[魔法]画面で[Yボタン]を押して不要な僧侶魔法を「忘れて」おかないと、魔術士に転科したときにランダムで各レベルの魔法を1種類忘れてしまいます。

転科する場合、習得魔法限界数は重要になるのでご注意を。

学科ごとの習得魔法限界数は学科解説記事へどうぞ。

魔法レベル

各系統の魔法には1~7のレベルがあり、レベルが高い魔法ほど強力な効果をもつ傾向があります。

上の表の背景で書いた"5"という数字は、「魔術士Lv3の魔法はあと5回使える」という意味です。

ドラゴンクエストやファイナルファンタジーのように、「この魔法は消費MP○で、それ以上のMPが残っていればいくらでも使える」わけではありません。

他の系統・レベルの残り回数が0になっても、魔術士Lv3の魔法はあと5回使えます。

逆に魔術士Lv3の魔法の回数が残り0になってしまえば、他のLvの魔法からMPを補充できません。

以上魔法の枠組みを押さえた上で、個別の魔法を解説していきます。

系統ごとの魔法解説は以下の記事をどうぞ。

『ととモノ。』魔術士魔法 『ととモノ。』僧侶魔法
『ととモノ。』超能力魔法 『ととモノ。』召喚魔法

まとめ

魔法の仕組み
  • 『ととモノ。』の魔法は「回数制」
  • 魔法には魔術士・僧侶・超能力・召喚の4系統がある
  • 各系統ごとにLv1~Lv7のレベルが存在する
  • 各系統・レベルに4種類の魔法がある(召喚魔法は2種類)
管理人

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
この記事が少しでもみなさまのお役に立てればうれしく思います。

ゲームの流れに戻るには、下の画像をクリックしてください。

「ととモノ。」 ゲームの流れ