迷宮探索(ととモノ。)

【ととモノ。Switch】『剣と魔法と学園モノ。Anniversary Edition』パトル地下道

「ととモノ。」パトル地下道
管理人

管理人のトイトブルクです。
本記事に興味を持っていただき、ありがとうございます。

「ととモノ。」(剣と魔法と学園モノ。Anniversary Edition)をプレイしていて、こんなことはありませんか?

プレイヤー

いろいろな要素があるけど、全然ゲームや公式サイトに説明がない!

管理人

「ととモノ。」ってかなり説明不足のゲームなんですよ。

ドラゴンクエストやファイナルファンタジーでも、ゲームシステムがわからないと心から楽しめませんよね。

そこで管理人が攻略本を参考資料にしつつ、ゲームシステムを解説することにしました。

本ブログの記事を読んでもらえれば

ゲームシステムを理解できる
不必要な遠回りを避けられる
その結果「ととモノ。」を心から楽しめる

といったメリットがあります。

「ととモノ。」のゲームシステムは多岐にわたるので、複数の記事で解説していきます。

「ととモノ。」の全体像はゲームの流れ記事をどうぞ。

今回取り上げるのは迷宮の1つ、パトル地下道です。順次更新していきます。

パトル地下道の位置

パトル地下道があるのは下のワールドマップで明るくなっている部分(六角形の番号5)です。

パトル地下道の位置

ホルデア山脈とハウラー湖を結ぶ迷宮です。

パトル地下道の構造

パトル地下道の構造は次のようになっています。

パトル地下道の構造

ホルデア山脈のR側とハウラー湖のL側を結びます。

R1・L1のマップ

R1・L1はフロアLv2です。以下の4つのマップからランダムに選ばれます。

R1・L1 フロアLv2

ただし、R1とL1のマップが同一になることはありません。

マップの詳細は以下の画像からどうぞ。

No. 22 No. 23 No. 24 No. 25
マップ No. 22 マップ No. 23 準備中 準備中

R2・L2のマップ

R1・L1はフロアLv3です。以下の4つのマップからランダムに選ばれます。

パトルR2・L2

ただし、R2とL2のマップが同一になることはありません。

マップの詳細は準備中です。

No. 26 No. 27 No. 28 No. 29
準備中 準備中 準備中 準備中

Cのマップ

Cのマップは固定です。必ずNo. 4のマップになります。

パトルC

マップの詳細は準備中です。

No. 4 準備中

Gのマップ

Gのマップは固定です。必ずNo. 68のマップになります。

パトルG

マップの詳細は準備中です。

No. 68 準備中

パトル地下道の出現敵

「ととモノ。」の迷宮では中央に近づくにつれて敵が強くなります。

R1→L1→R2→L2→C→Gの順に出現する敵を紹介します。

敵のレベルはエンディング前のものです。どこの迷宮でも、エンディング後はレベルが上がります。

R1で出現する敵

R1で出現する敵の分布は以下の通りです。

パトル地下道:敵R1

駆け抜ける風の盗賊、フェニックスの盗賊は「絶対友好」なので、必ず戦闘を避けられます。

舞い降りる翼とシザーハンドの出現率は低いのですが、別格の強さを誇ります。

合体技「激走大逃亡」で逃げるのが無難です。どうしても戦う場合は、魔法も使って全力で撃破を。

シザーハンドは射程M、舞い降りる翼は射程Lなので、後衛も物理攻撃されます。

L1で出現する敵

L1で出現する敵は以下の通りです。

パトル地下道:敵L1

出現敵は一部R1と異なりますが、対処方針は変わりません。

R2で出現する敵

R2で出現する敵は以下の通りです。

パトル地下道:敵R2

タレミミウサギは一見普通の敵ですが、即死攻撃してきます。魔法も使って速攻で倒しましょう。

駆け抜ける風の盗賊・フェニックスの盗賊は「絶対友好」なので、必ず戦闘を避けられます。

イビルスピリット・ソードシェルは射程Lなので、後衛にも物理攻撃してきます。

L2で出現する敵

L2で出現する敵は以下の通りです。

パトル地下道:敵L2

一部の敵を除けば、R2と同じ敵が出現します。

Cで出現する敵

Cで出現する敵は次の通りです。

パトル地下道:敵C

ぬめぬめは精霊、フクロゴースト・ナイトメア・イビルスピリットは霊なので、物理攻撃ではまともにダメージを与えられません。

魔法やブレスで対処しましょう。

舞い降りる翼やイビルスピリットからは「激走大逃亡」で逃げるのが無難。

Gで出現する敵

Gで出現する敵は以下の通りです。

パトル地下道:敵G

全ての敵が霊なので、物理攻撃以外の攻撃手段が必須です。

まとめ

パトル地下道

パトル地下道はホルデア山脈とハウラー湖を結ぶ迷宮
R1⇔R2⇔C(G)⇔L2⇔L1という構造

管理人

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
この記事が少しでもみなさまのお役に立てればうれしく思います。

ゲームの流れに戻るには、下の画像をクリックしてください。

「ととモノ。」 ゲームの流れ