魔法(ととモノ。)

【ととモノ。Switch】『剣と魔法と学園モノ。Anniversary Edition』魔術士魔法

「ととモノ。」魔術士魔法

2021年3月6日「マプル」の優先度修正
2021年3月14日「ディメンド」の効果修正

管理人

管理人のトイトブルクです。
本記事に興味を持っていただき、ありがとうございます。

「ととモノ。」(剣と魔法と学園モノ。Anniversary Edition)をプレイしていて、こんなことはありませんか?

プレイヤー

いろいろな要素があるけど、全然ゲームや公式サイトに説明がない!

管理人

「ととモノ。」ってかなり説明不足のゲームなんですよ。

ドラゴンクエストやファイナルファンタジーでも、ゲームシステムがわからないと心から楽しめませんよね。

そこで管理人が攻略本を参考資料にしつつ、ゲームシステムを解説することにしました。

本ブログの記事を読んでもらえれば

ゲームシステムを理解できる
不必要な遠回りを避けられる
その結果「ととモノ。」を心から楽しめる

といったメリットがあります。

「ととモノ。」のゲームシステムは多岐にわたるので、複数の記事で解説していきます。

「ととモノ。」の全体像はゲームの流れ記事をどうぞ。

本記事では魔術士魔法を取り上げます。

魔法のシステムについては魔法解説記事をご覧ください。

以下の表の中で、敵1Gは敵1グループのことです。

レベル1

魔法 属性 使用状況 敵使用 対象 持続 優先度
ファイア 戦闘時 敵1体 -
マプル 探索時 - - 250歩
スリプズ 戦闘時 敵1G 回復まで
ダシルド 戦闘時 敵1体 戦闘中

ファイア

序盤はお世話になる攻撃魔法。火属性なので土属性に有効です。

通常の武器攻撃がほぼ効かない霊や精霊には重宝します。

ただし単体攻撃なのが弱点です。レベル3のファイガンを覚えると出番は減っていきます。

マプル

地図を持っていない場合、この魔法を唱えるとマップが表示されます。

地下迷宮に入る段階では地図がないので、一人はマプルを使えるようにしておきたいところです。

また、高レベルフロアのアイテムポイントで、まれに地図を失うことがあります。

スリプズ

使い方によっては便利な状態付与魔法。

敵1Gを睡眠状態にします。"1G"というのがポイントで、状況によっては敵1列目を無効化できます。

しかし、他の魔法より優先度は低め。

ダシルド

序盤はファイアに隠れがちですが、ボス戦で威力を発揮する魔法。

対象の回避値を弱体化するのですが、重ねがけできるのがポイントです。しかも『ととモノ。』のダシルドは、防ぐ手段がありません。

ボスはたいてい1体なので、対象1体という効果範囲も気になりません。

複数人で繰り返し使って、ボスにガンガン攻撃を当てましょう。

レベル2

魔法 属性 使用状況 敵使用 対象 持続 優先度
サンダー 戦闘時 敵1体 -
フロトル 探索時 - - 常駐
フィアズ 戦闘時 敵1G 回復まで
ダスペル 戦闘時 敵1体 戦闘中

サンダー

レベル1のファイアとは異なる属性の攻撃魔法。雷属性なので水属性の敵に有効です。

ファイアと同じく、通常の武器攻撃がほぼ効かない霊や精霊には重宝します。

ただし単体攻撃なのが弱点です。レベル4のサンダガンを覚えると出番は減っていきます。

フロトル

パーティーを浮遊状態にする魔法。

パーティー全員が浮遊状態スキルもち(ノーム・フェアリー・セレスティア)でない限り、必須ともいえる魔法です。

浮遊状態でないとショック床のダメージは避けられませんし、ディープゾーンには入れません。

ただし、フロトルの効果だけでアンチススペルゾーン+ディープゾーンのエリアに入ると水没し、死亡してしまいます。

『ととモノ。』には初見殺し要素があると言われるのはこれが一因です。

アンチスペルゾーン+ディープゾーンのエリアに入るためには浮遊効果がある装備を着けるか、浮遊スキルもちの種族である必要があります。

フィアズ

敵1Gを恐怖状態にする魔法。

スリプズと異なり、利用価値があまりないと考えられます。

恐怖状態の場合、魔法が唱えられないだけで、物理攻撃やスキルは使えてしまいます。

スリプルで睡眠状態にした方がよほど効果的です。

ダスペル

敵1体の魔法抵抗を下げる魔法。

ダシルドに比べると、利用価値はイマイチか。

魔法抵抗は攻撃魔法のダメージにしか影響しないので、魔法抵抗が下がっても状態異常にはかかりやすくなりません。

レベル3

魔法 属性 使用状況 敵使用 対象 持続 優先度
アクア 戦闘時 敵1体 -
ファイガン 戦闘時 敵1G -
カオスド 戦闘時 敵1G 回復まで
ダスルドム 戦闘時 敵1G 戦闘中

アクア

レベル1のファイアとは異なる属性の攻撃魔法。水属性なので火属性の敵に有効です。

ファイアと同じく、通常の武器攻撃がほぼ効かない霊や精霊には重宝します。

ただし単体攻撃なのが弱点です。同レベルのファイガンにMPを割きたいところ。

ファイガン

ようやく登場した1G対象の火属性攻撃魔法。

多数の敵が登場したとき、ファイガンがあるのとないのとでは戦闘効率がまるで違います。

状態異常を仕掛けてくる敵も多いため、速攻で敵を倒せるファイガンは魅力です。

いつでもファイガンが使えるよう、MPは温存しておきましょう。

カオスド

敵1Gを混乱状態にする魔法。

恐怖状態を付与するフィアズよりはマシですが、ファイガン用のMPを消費してまでカオスドを使うかは疑問です。

ダスルドム

敵1Gの回避値を下げる魔法。

多数の強敵が1Gになっているときには、レベル1のダシルドよりも効果的です。

もっとも、ボスの多くは単体で出現しますが。

レベル4

魔法 属性 使用状況 敵使用 対象 持続 優先度
クエイク 戦闘時 敵1体 -
サンダガン 戦闘時 敵1G -
パラライズ 戦闘時 敵1G 回復まで
ダスペルラ 戦闘時 敵1G 戦闘中

クエイク

ようやく登場した土属性の攻撃魔法。雷属性の敵に有効です。

レベル4の攻撃魔法なのに単体攻撃なのは痛いところ。

サンダガンが1G対象なので、使いどころは限られそうです。

サンダガン

雷属性の1G対象攻撃魔法。

水属性の敵にはファイガンが効きにくいため、サンダガンを利用する機会もあります。

サンダガン用のMPは温存しておきましょう。

パラライズ

敵1Gを麻痺状態にする魔法。

睡眠と異なり、麻痺状態は自然回復しません。加えて、敵は状態異常を治癒する魔法を使いません。

つまり、ほぼ麻痺=死亡です。

ただし強力な状態異常なこともあってか、麻痺にかからない敵が多数です。相手を選んでの使用が求められます。

ダスペルラ

敵1Gの魔法抵抗を下げる魔法。

魔法抵抗を下げても、攻撃魔法のダメージにしか影響しません。

サンダガンとパラライズ用のMPを消費してまで使う魔法かは疑問です。

レベル5

魔法 属性 使用状況 敵使用 対象 持続 優先度
ダクネス 戦闘時 敵1体 -
アクアガン 戦闘時 敵1G -
ポイズム 戦闘時 敵1G 回復まで
サイレンド 戦闘時 敵1G 回復まで

ダクネス

初登場の闇属性の攻撃魔法。火・雷・水・土・光属性の敵に有効です。

単体攻撃ですが、有効な属性が多いのは魅力。

ポイズム・サイレンドが使えない魔法なので、場合によっては使ってもいいかと。

アクアガン

水属性の1G対象攻撃魔法。

火属性の敵に有効です。他の魔法の利用価値があまりないため、自然と出番は増えます。

ポイズム

敵1Gを毒状態にする魔法。

次のサイレンドよりはマシですが、この魔法を使うなら攻撃魔法でダメージを与えた方が効率がいいでしょう。

サイレンド

敵1体を魔封じ状態にする魔法。

魔封じにすればたしかに魔法は使えなくなりますが、物理攻撃とスキルはそのまま使えてしまいます。

攻撃魔法でダメージを与えて倒した方が賢明でしょう。

レベル6

魔法 属性 使用状況 敵使用 対象 持続 優先度
クエイガン 戦闘時 敵1G -
ダクネスガン 戦闘時 敵1G -
ストム 戦闘時 敵1G 回復まで
インバリム 戦闘・探索時 敵味方全員 -

クエイガン

土属性の1G対象攻撃魔法。雷属性の敵に有効です。

・・・なのですが、ダクネスガンは火・雷・水・土・光属性の敵に有効なので、クエイガンはダクネスガンの完全な下位互換。

ダクネスガンが優秀なだけあって、利用することはなさそうです。

ダクネスガン

闇属性の1G対象攻撃魔法。

火・雷・水・土・光属性の敵に有効です。有効な属性が多いので、非常に攻撃魔法としての価値があります。

ストム

敵1Gを石状態にする魔法。

敵を麻痺状態にするレベル4のパラライズと同様に、一度効いた敵は死んだも同然です。

麻痺にはならなくても石にはなる敵もいるので、一度は使って有効性を確認しておきましょう。

インバリル

敵味方全員にかかった魔法の効果を打ち消します。

敵から連続してダスルドム(回避値低下)を受けたときなどに役に立つかもしれません。

もっとも、あまりそういう事態には陥りませんが。

味方に有利な魔法効果も打ち消してしまう点に注意。

レベル7

魔法 属性 使用状況 敵使用 対象 持続 優先度
ビックバム 戦闘時 敵全体 -
テレポル 戦闘・探索時 - 味方全員 -
ディメンド 戦闘時 - 敵1G -
ラグナロク 戦闘時 - 特殊 -

ビックバム

無属性の全体攻撃魔法。

敵全体を攻撃できるので、敵の大群が出現したときに有効です。

上の表では優先度△としましたが、決して要らない魔法ではありません。

一人はビックバムを使えるようにしておきたいところです。

テレポル

『ととモノ。』の元になったWizardryではおなじみの転移魔法。

探索時に使うと今まで行ったことのある任意の地点(一部転移不可なエリアあり)にワープできます。

同じ迷宮内という制限はありますが、R1から中央を飛ばしてL1にワープすることも可能です。

また、戦闘中にテレポルを唱えると、ランダムな地点にワープし、このときは「行ったことのない地点」にワープすることもあります。

「戦闘中のランダムワープ」を使って初めて行ける地点もあるので(エンディング後)、覚えておきましょう。

ただし、「戦闘中のランダムワープ」で壁の中にワープすると即全滅します。事前セーブを忘れずに。

ディメンド

敵1Gを異次元にワープさせる魔法。ワープさせた敵の経験値は取得できません。

確実に効くのである意味反則技です。ただし、ボスには効きません。

プレイヤーのプレイスタイルにより、利用価値が変わります。

ラグナロク

ラグナロクは特殊な魔法です。

レベル7のMPをすべて消費し、以下の8種類の中から3種類の効果が表示され、選択することになります。

効果の欄で、「ドレイン」とはレベルやスタミナを下げる特殊攻撃のことです。

効果名 効果
魔法力回復 味方全員のMPが9に増加する。
蘇生と回復 味方全員のロスト以外の状態を回復し、HPも全回復する。
レベル回復 戦闘中にドレインされたレベル・スタミナを回復する。
魔法保護 敵の攻撃魔法を完全に無力化する。
スキル封じ 敵の特殊攻撃(状態異常・ドレイン・ブレスなど)を完全に無効化する。
防御力強化 味方全員の回避値が+99になる。
魔法力強化 味方全員の魔法効果が3倍になる。ただし他の魔法効果と併せて5倍が上限。
ゲージ回復 士気ゲージが最大になる(戦闘後は残量の半分になる)。

どの効果も非常に強力です。

2人以上がラグナログを使えると、運良く「魔法力回復」が出れば延々とラグナロクを唱えられることもあります。

この魔法を使うかもプレイヤーのプレイスタイルによります。

まとめ

魔術士魔法レベル別ベスト魔法
  • レベル1:ダシルド
  • レベル2:フロトル
  • レベル3:ファイガン
  • レベル4:サンダガン
  • レベル5:アクアガン
  • レベル6:ダクネスガン
  • レベル7:テレポル
管理人

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
この記事が少しでもみなさまのお役に立てればうれしく思います。

魔法解説へは下の画像をクリックしてください。

『ととモノ。』魔法