迷宮探索(ととモノ。)

【ととモノ。Switch】『剣と魔法と学園モノ。Anniversary Edition』迷宮構造

『ととモノ。』迷宮構造
管理人

管理人のトイトブルクです。
本記事に興味を持っていただき、ありがとうございます。

「ととモノ。」(剣と魔法と学園モノ。Anniversary Edition)をプレイしていて、こんなことはありませんか?

プレイヤー

いろいろな要素があるけど、全然ゲームや公式サイトに説明がない!

管理人

「ととモノ。」ってかなり説明不足のゲームなんですよ。

ドラゴンクエストやファイナルファンタジーでも、ゲームシステムがわからないと心から楽しめませんよね。

そこで管理人が攻略本を参考資料にしつつ、ゲームシステムを解説することにしました。

本ブログの記事を読んでもらえれば

ゲームシステムを理解できる
不必要な遠回りを避けられる
その結果「ととモノ。」を心から楽しめる

といったメリットがあります。

「ととモノ。」のゲームシステムは多岐にわたるので、複数の記事で解説していきます。

「ととモノ。」の全体像はゲームの流れ記事をどうぞ。

本記事では、迷宮構造について説明します。

『ととモノ。』の迷宮構造

ドラゴンクエストやファイナルファンタジーのような一般的なRPGの場合、ダンジョンについて次のようなイメージをもっていませんか?

プレイヤー

ダンジョンは固定のマップで、階段を上り下りして進む

この考え方は、『ととモノ。』には当てはまりません。

『ととモノ。』のマップは固定ではなく、階段を上り下りしません。

マップが固定ではないといっても、「不思議な○○」シリーズのように、完全ランダムというわけでもありません。

言葉だけで説明してもわかりにくいので、次の図を見てください。

迷宮構造

上の図は、ハウラー湖とホルデア山脈を結ぶ[パトル地下道]の構造です。

プレイヤー

[パトル地下道]はどこにあるの?

という方は、ワールドマップ解説記事を見ていただければと思います。

ハウラー湖からホルデア山脈に行くには

  1. L1(フロアLv2)を通り、
  2. L2(フロアLv3)を通り、
  3. C(フロアLv4)を通り、
  4. R1(フロアLv3)を通り、
  5. R2(フロアLv2)を通って、

ホルデア山脈に抜けます。

Lは左側(Left)

Rは右側(Right)

Cは中央(Center)

Gは地下迷宮(underGround)

を表します。

マップの構造

マップとは、上の迷宮構造における四角部分1つを指します。

Cのマップ、Gのマップ、L1・L2・R1・R2のマップではそれぞれ仕組みが異なりますので、分けて説明します。

C(中央)のマップ

迷宮構造C

C(中央)のマップは各迷宮に1つだけあります。マップは固定です。

マップ内にL(左)側へのゲート、R(右)側へのゲート、G(地下迷宮)へのゲートの3種類があります。

ただし、Gへのゲートが存在しないマップもあります。

上の例では「フロアLv4」とありますが、Cのマップは他の迷宮にあるCのマップと重複しないので、重要ではありません。

課題や依頼のイベントの多くはCのマップで発生します。

G(地下迷宮)のマップ

迷宮構造G

G(地下迷宮)のマップは

存在しない

1つだけ存在する

のどちらかです。

Gのマップが存在する場合、マップが固定かつG(中央へ戻る)へのゲートがあります。

Gのマップにもフロアレベルがありますが、Cのマップと同様にGのマップは他の迷宮にあるGのマップと重複しないので、重要ではありません。

一部のイベントが発生します。

L・Rのマップ

迷宮構造LR

一番ややこしいマップです。順を追って説明します。

マップの数

上の例ではL1・L2・R1・R2の4つのマップがありますが、マップの数はどの迷宮でも同じというわけではありません。

たとえば、[トレーン地下道]はL1とR1の2つのマップで構成されます。

一方[アイザ地下道]は、L1~L5とR1~R5の10種類のマップで構成されます。

マップの候補

上の例で、マップL1はフロアLv2となっています。フロアLv2には候補となるマップが4種類あります。

マップL2の候補

L1に進入すると、タイプA~DのマップNo. 22~25のうち1つが選ばれます。タイプA~Dには

タイプA:アンチスペルゾーンが多い

タイプB:ムーブエリアが多い

タイプC:浸水ゾーン・ディープゾーンが多い

タイプD:エネミーポイントが多い

という特徴があります。

マップは迷宮を出るとリセットされるため、L1に進入するたびに異なるタイプのマップが選ばれます。

フロアLv

異なる迷宮でも、同じフロアLvのマップが存在します。

たとえば

ホルデア登山道L1とR1

パトル地下道L1とR1

この2つのフロアLvはともに2なので、ホルデア登山道で出現したマップがパトル地下道で出現することがあり得ます。

ホルデア登山道でマップを踏破しておくと、パトル地下道でラクができるわけです。

同じフロアLvでも、出現する迷宮・位置(L1など)が異なると、出現する敵は変化します。

しかし、なぜこんな複雑な仕様にしたのでしょうか・・・

まとめ

「ととモノ。」の迷宮の構造

迷宮はL(左側)・R(右側)・C(中央)・G(地下迷宮)から構成される

CとGの迷宮は固定マップ

LとRの迷宮はフロアLvごとに4種類の候補があり、ランダムで出現する

異なる迷宮でも同じマップが出現することがある

管理人

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
この記事が少しでもみなさまのお役に立てればうれしく思います。

ゲームの流れに戻るには、下の画像をクリックしてください。

「ととモノ。」 ゲームの流れ