帰還後(ととモノ。)

【ととモノ。Switch】『剣と魔法と学園モノ。Anniversary Edition』道具解説

『ととモノ。』道具

2021年2月11日に、各項目の説明は他記事を参照するよう訂正しました。

管理人

管理人のトイトブルクです。
本記事に興味を持っていただき、ありがとうございます。

「ととモノ。」(剣と魔法と学園モノ。Anniversary Edition)をプレイしていて、こんなことはありませんか?

プレイヤー

いろいろな要素があるけど、全然ゲームや公式サイトに説明がない!

管理人

「ととモノ。」ってかなり説明不足のゲームなんですよ。

ドラゴンクエストやファイナルファンタジーでも、ゲームシステムがわからないと心から楽しめませんよね。

そこで管理人が攻略本を参考資料にしつつ、ゲームシステムを解説することにしました。

本ブログの記事を読んでもらえれば

ゲームシステムを理解できる
不必要な遠回りを避けられる
その結果「ととモノ。」を心から楽しめる

といったメリットがあります。

「ととモノ。」のゲームシステムは多岐にわたるので、複数の記事で解説していきます。

「ととモノ。」の全体像はゲームの流れ記事をどうぞ。

本記事では、わかりにくい要素の一つ、道具を解説していきます。

道具にはさまざまな項目がある

『ととモノ。』の道具にはさまざまな項目があり、[図書室]ー[アルバム]ー[道具]で詳細を見られます。

道具の説明は下図のように大きく5つの領域に分かれます。

アイテム画面全体像
アイテム画面の全体像

武器「ダガー」を例に、1~5まで領域ごとに説明します。

領域1:名称・レベル・属性

名称

宝箱から入手したアイテムは不確定名で表示されます。

司祭や購買部の[鑑定]により正式名称が判明すると、アイテム欄に名称が表示されます。

レベル

名称「ダガー」の隣に"Lv1"とあります。

道具のレベルとはなんでしょう?「レベルが高い道具の方が性能がいい」傾向にあります。

また錬金術士が道具を合成・分解・強化するために必要なレベルにも関わります。

(合成するアイテムLv)≦(錬金術士のLv+5)

上記の場合のみ、錬金術士がアイテムを合成できます。

属性

レベルの右にあるアイコンは属性です。下の7種類があります。

無属性 火属性 水属性 雷属性 土属性 闇属性 光属性

属性については戦闘解説記事をご覧ください。

領域2:攻撃・防御特性

最大攻撃回数

武器には攻撃回数が存在します。ダガーの最大攻撃回数は3なので、一度に1~3回攻撃します。

キャラクターの学科やレベルによって攻撃回数は変動しますが、最大攻撃回数を超えた回数分攻撃できるかは調査中です。

射程

射程にはS・M・L・LLがあります。詳しくは戦闘解説記事をどうぞ。

攻撃力

武器の攻撃力には「幅」があります。ダガーの攻撃力は4~8なので、そのまま考えると1回の攻撃につき4~8ダメージを与えそうです。

しかし『ととモノ。』には「力」や「防御力」など、ダメージを変動させる要素が複数あるため、実際のダメージは計算どおりにはなりません。

一つの目安と考えておいた方が良さそうです。

持ち手

持ち手には、両手武器(両)・メイン武器(主)・サブ武器(補)・盾の4種類があります。それぞれの意味は以下の通り。

  • 両手武器:両手に持って装備する武器。両手武器を装備するとメイン武器・サブ武器・盾は装備できない。
  • メイン武器:利き手に装備する武器。メイン武器のほかに補助武器または盾を装備できる。
  • サブ武器:利き手または反対の手に装備する武器。サブ武器のほかにメイン武器・サブ武器・盾を装備できる。
  • 盾:利き手と反対の手に装備する防具。盾のほかにメイン武器・サブ武器を装備できる。

ダガーの持ち手は「主・補」が明るくなっているので、ダガーはメイン武器またはサブ武器として装備できます。

防御力

防御力が大きいほど敵から受けるダメージを軽減できます。ただし、ダメージの計算式は不明です。「防御力=軽減ダメージ」ではありません。

命中値

命中値が高いほど攻撃の命中率が高くなります。ダメージには影響しません。

回避値

回避値が高いほど攻撃が当たりづらくなります。敵からのダメージには影響しません。

性格

善・中立(中)・悪について、青表示の場合は普通に装備でき、赤表示の場合は装備すると呪われて外せなくなります。装備自体は可能です。

性別

男女について、青表示なら普通に装備でき、赤表示なら装備すると呪われて外せなくなります。装備自体は可能です。

領域3:装備学科・種別付与・状態付与

学科

アイコン表示されているのでわかりにくいのですが、アイコンの位置と学科の対応関係は以下の通りです。下図におけるアイコンは自作しました。

戦士 魔術士 僧侶 盗賊 司祭 召喚士 狩人 錬金術士
爬虫類 修道士 侍 神女 君主 くノ一 忍者  

アイコンの明るい学科がその武器・防具を装備できます。

種別付与

こちらもアイコン表示なのでわかりにくいですね。アイコンの位置と種別の対応関係は以下の通り。下図におけるアイコンは自作したものです。

人 不死
魔法生物 神 悪魔      

アイコンが赤い場合は不利、暗い場合は普通、青い場合は有利です。

状態付与

またアイコン表示・・・(ゲーム中に説明なし)。アイコンの位置と状態異常の対応関係は以下の通り。詳しくは戦闘解説記事をどうぞ。

恐怖 魔封じ 気絶 睡眠 毒 麻痺 石化 即死

[即死]は一撃で死亡状態にさせる攻撃のことです。

アイコンが青い場合、その状態異常を付与する可能性があります。

領域4:特性値・種族

特性値

特性値の欄はアイコンではなく漢字なので想像しやすいと思いますが、一応対応関係を表にしておきます。

その武器・防具を装備したとき、特性値の色が青なら特性値に+1、赤なら特性値に-1されます。

種族

武器・防具には、キャラクターの種族によって装備の可否があります。種族解説記事を参考にしてください。

種族名が青なら装備可能です。ダガーの場合は全種族「青」なので、全種族が装備できます。

装備効果・使用効果・特殊効果

装備効果

その武器・防具を装備したときに得られる効果が書かれています。

使用効果

その道具をアイテムとして使った場合の効果が書かれています。

特殊効果

道具を装備した場合、特殊効果を発動するかを聞かれる場合があります。発動した場合の効果が書かれています。

まとめ

道具の項目
  • 道具にはさまざまな項目がある
  • 項目の意味があまりゲーム内で説明されていない

ゲーム内で説明されていない項目が多いため、ゲームに慣れていないと混乱するでしょう。

本記事で道具の項目の意味を把握していただければと思います。

管理人

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
この記事が少しでもみなさまのお役に立てればうれしく思います。

ゲームの流れに戻るには、下の画像をクリックしてください。

「ととモノ。」 ゲームの流れ