【ととモノ。Switch】『剣と魔法と学園モノ。Anniversary Edition』ハウラー地下道

当ページのリンクには広告が含まれています。

こんにちは、トイトブルクです!

「剣と魔法と学園モノ。Anniversary Edition(ととモノ。)」をプレイしていて、こんなことはありませんか?

(ソフトは公式サイトでダウンロード販売されています。パッケージ版はありません。)

プレイヤーA

いろいろな要素があるけど、全然ゲームや公式サイトに説明がない!

管理人

「ととモノ。」ってかなり説明不足のゲームなんですよ。

ドラゴンクエストやファイナルファンタジーでも、ゲームシステムがわからないと心から楽しめませんよね。

そこで管理人が攻略本を参考資料にしつつ、ゲームシステムを解説することにしました。

本ブログの記事を読めば以下のメリットが得られます。

  • ゲームシステムを理解できる
  • 不必要な遠回りを避けられる
  • その結果「ととモノ。」を心から楽しめる

「ととモノ。」のゲームシステムは多岐にわたるので、複数の記事で解説していきます。全体像はゲームの流れ記事をどうぞ。

今回取り上げるのは迷宮の1つ、ハウラー地下道です。

目次

ハウラー地下道の位置

ハウラー地下道があるのは番号8の位置です。

ハウラー地下道の構造

ハウラー地下道の構造は次のようになっています。

ハウラー地下道の構造

ハウラー湖のR側とザスキア氷河のL側を結びます。

R1・L1のマップ

R1・L1はフロアLv2です。以下の4つのマップからランダムに選ばれます。

ホルデアR1・L1

ただし、R1とL1のマップが同一になることはありません。

Cのマップ

Cのマップは固定です。必ずNo. 3のマップになります。

ハウラーC

Gのマップ

Gのマップは固定です。必ずNo. 67のマップになります。

ハウラーG

ハウラー地下道の出現敵

「ととモノ。」の迷宮では中央に近づくにつれて敵が強くなります。

R1→L1→C→Gの順に出現する敵を紹介します。

敵のレベルはエンディング前のものです。どこの迷宮でも、エンディング後はレベルが上がります。

R1で出現する敵

R1で出現する敵の分布は以下の通りです。

ハウラー敵R1
  • ベロゲータ、ヒュドラ、シザーハンドは射程Mなので後衛に物理攻撃が届く
  • 黄金鳥は射程Lなので後衛に物理攻撃が届く
  • タレミミウサギは即死攻撃持ちなので速攻で倒す必要がある
  • 黄金鳥は精霊なので物理攻撃が通らない

L1で出現する敵

L1で出現する敵は以下の通りです。

ハウラー敵L1
  • シザーハンドは射程Mなので後衛に物理攻撃が届く
  • 黄金鳥は射程Lなので後衛に物理攻撃が届く
  • 黄金鳥は精霊なので物理攻撃が通らない

Cで出現する敵

Cで出現する敵は次の通りです。

ハウラー敵C
  • 駆け抜ける風の戦士は射程Mなので後衛に物理攻撃が届く
  • 黄金鳥・イビルスピリットは射程Lなので後衛に物理攻撃が届く
  • ぬめぬめ・黄金鳥は精霊なので物理攻撃が効かない
  • ナイトメア・フクロゴースト・イビルスピリットはなので物理攻撃が効かない

Gで出現する敵

Gで出現する敵は以下の通りです。

ハウラー敵G
  • ひとつ目ミイラ、きょとん牛は射程Mなので後衛に物理攻撃が届く
  • イビルスピリットは射程Lなので後衛に物理攻撃が届く
  • イビルスピリットはなので物理攻撃が効かない

ハウラー地下道:まとめ

ハウラー地下道
  • ハウラー地下道はハウラー湖とザスキア氷河を結ぶ迷宮
  • R1⇔C(G)⇔L1という構造

最後までお読みいただき、ありがとうございました!この記事が少しでもみなさまのお役に立てばうれしく思います。

キャラの絵を見たいんだけど・・・・・・

トイトブルク

著作権の関係でキャラ画像を出すのは難しいんですよ。

そんな方は攻略本を購入してはいかがでしょうか?Switch版の攻略本はありませんが、PSP版の攻略本は販売されています。

Switch版とPSP版のゲーム内容はほぼ一緒なので、PSP版の攻略本の内容がSwitch版でも利用できるのです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次