学科(ととモノ。)

【ととモノ。Switch】『剣と魔法と学園モノ。Anniversary Edition』学科解説ー修道士

「ととモノ。」学科[修道士]
管理人

管理人のトイトブルクです。
本記事に興味を持っていただき、ありがとうございます。

「ととモノ。」(剣と魔法と学園モノ。Anniversary Edition)をプレイしていて、こんなことはありませんか?

プレイヤー

いろいろな要素があるけど、全然ゲームや公式サイトに説明がない!

管理人

「ととモノ。」ってかなり説明不足のゲームなんですよ。

ドラゴンクエストやファイナルファンタジーでも、ゲームシステムがわからないと心から楽しめませんよね。

そこで管理人が攻略本を参考資料にしつつ、ゲームシステムを解説することにしました。

本ブログの記事を読んでもらえれば

ゲームシステムを理解できる
不必要な遠回りを避けられる
その結果「ととモノ。」を心から楽しめる

といったメリットがあります。

「ととモノ。」のゲームシステムは多岐にわたるので、複数の記事で解説していきます。

「ととモノ。」の全体像はゲームの流れ記事をどうぞ。

本記事では学科のひとつ、修道士について解説します。

ゲーム中では下のようなアイコンで表示されます(下のアイコンは自作)。

修道士

学科の系統

戦術系学科です。

成長度合い

成長速度

成長速度はC(普通)です。

特性値成長度

知恵精神生命力素早さ
ACCABB

命中値

初期命中値:4
命中値成長速度:速い

攻撃回数

3レベルごとに攻撃回数が1回増えます。

魔法

習得魔法

超能力魔法を習得します。使える魔法回数は以下の通り。魔法回数が4の場合、実際には3以下になることもあります。

キャラLv超1超2超3超4超5超6超7
44000000
54000000
64000000
74400000
85400000
96400000
107440000
118540000
129640000
139744000
149854000
159964000
169974400
179985400
189996400
199997440
209998540
219999640
229999744
239999854
249999964
259999974
269999985
279999996
289999997
299999998
309999999
超能力魔法使用回数 超1~超7:超能力Lv1~Lv7

魔法習得限界値

魔術士魔法僧侶魔法超能力魔法召喚魔法
1120

魔法効果成長度

魔法効果成長度はC(普通)です。

スキル

Lv スキル名(予備動作) タイプ 効果
1 見切り パッシブ 一定レベルごとに回避値が増える。武具装備時は効果が低下。
7 カウンター パッシブ 敵の物理攻撃を受けたときに、一定確率で反撃する。
13 ラッシュ(ためる) アクティブ 3回連続で敵1グループ内のランダムな1体を攻撃する。
20 二刀流 パッシブ 片手持ちの武具(主)を補助武器として装備できる。
50 無刀流免許皆伝 パッシブ 素手での攻撃時、即死効果の状態付与で攻撃する。
60 真・二刀龍 パッシブ 飛び道具以外のすべての武具を補助武器として装備できる。
87 魂補完計画所持 アクティブ 転生できる。

アクティブ:使用すると効果を発揮する
パッシブ:常に効果を発揮する
予備動作:1ターン予備動作後、次のターンにスキル発動

コメント

他の学科とは一風変わった戦術系学科。

「見切り」スキルがあるため、レベルが上がると回避値が上昇します。さらに「カウンター」で攻撃してきた相手に反撃できるというおまけ付き。

「無刀流免許皆伝」を習得したら、武器を外して戦うのもひとつの方法です。

超能力魔法は使えますが、習得限界魔法数は2と少なめです。

まとめ

修道士の特徴

「見切り」で回避値が上がる

「カウンター」で攻撃してきた相手に反撃可能

「無刀流免許皆伝」を習得したら武器なしで戦える

管理人

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
この記事が少しでもみなさまのお役に立てればうれしく思います。

「学科のアウトライン」に飛ぶにはこちらの画像をクリックしてください。

「ととモノ。」学科[アウトライン]

「ととモノ。」を解説・攻略していると、以下のようなご要望をいただくことがあります。

プレイヤー

ゲーム画面やイラストは載せてくれないの?

管理人

著作権の関係で、ゲーム画面やイラストを載せるのは難しいんですよ。

もしゲーム画面やイラストを見たい方は、書籍を買ってみてはいかがでしょうか?

Nintendo Switch版の攻略本は出ていませんが、PSP版の攻略本は出ています

惜しいのは、所々データの記載ミスがあるところ。

本ブログの記事では記載ミスは修正してあります。

攻略本に興味があれば下のリンクからどうぞ。