技術英検3級

【技術英検3級】『工業英検4級対策』独自解説 Chapter 4

『工業英語ファーストステップ』Chapter4
管理人

管理人のトイトブルクです。
本記事に興味を持っていただき、ありがとうございます。

本記事は『工業英検4級対策』で解説を加えた方がよいと判断した部分を独自に解説したものです。

著作権の都合上『工業英検4級対策』の文章自体は掲載できません。『工業英検4級対策』をご用意の上でご覧ください。

本記事では、Chapter 4の内容について解説します。

4.1 (p.121~128)

4.1.1 (p.121~124)

Example 31

(d) ここでは"as"が使われています。一般的に"as"にはいろいろな意味があり、ここでは「~につれて」という意味で使われています。

(e) この文で使われているのは、次のような構文です(S:主語、V:動詞)。
"The 比較級 SV, the 比較級 SV."
(~すればするほど、ますます~する。)

ここでVがbe動詞の場合、Vを省略することがあります。この文でもbe動詞が省略されていますね。

形容詞・副詞の比較変化には、大きく分けて3つのパターンがあります。

  1. 規則変化:-er, -est型
  2. 規則変化:more, most型
  3. 不規則変化

(1)のパターンは、1音節の語のほぼすべてと2音節の語の一部に当てはまります。音節とは発音する母音の数のことです。

(2)のパターンは、2音節の語の大部分と3音節のすべての語に当てはまります。

(3)のパターンは数が限られており、かつ重要です。覚えておきましょう。

練習52

5. "latest"は、「(時間が)最も遅い」という意味です。時間が最も遅い→現在に最も時間が近い→「最新の」という意味になります。

4.1.2

Example 32

書籍の[解説]のとおり、英語の比較対象は同一の品詞です。"○"の例文で、"that"は"production"という語の繰り返しを避けるために使われています。複数形の場合は"those"です。

4.2(p.129~136)

ここではものの尺度や基準のついて整理しています。ここに出てくる単語は試験でも頻出しますので、知らないものがあったら覚えておきましょう。

4.3(p.137~144)

4.3.1(p.137~140)

受動態の話です。中学英語のレベルの内容なので、自信がない方は工業英語を本格的に勉強する前に中学内容を復習する必要があります。

Example 35

(e)"often"が使われています。頻度を表す副詞(often, usually, alwaysなど)は、一般的にbe動詞の後、一般動詞の前に置く決まりです。この文でもそうなっています。

4.3.2(p.141~144)

Example 36

(c) "is being repaired"という形です。「修理されている」という日本語を英訳する場合、進行形と動態を同時に使う必要があります。

進行形は"be動詞"+"~ing"、受動態は"be動詞"+"過去分詞"で表現されます。進行形+受動態は"be動詞"+"being"+"過去分詞"という形で表現しましょう。

(d)(e)仮定法の表現です。文中のカンマは実例では使わないことも多く見られます。

書籍の[解説]の記述は次のとおりです。

次のような場合は、日本語では能動態の表現であっても、英語では受動態で表現します。

なぜそのように表現するのでしょうか。

受動態で表現する理由は、ここで挙げられている動詞は「~を…させる」という意味の動詞だからです。

たとえば、"please"という動詞には「~を喜ばせる」という意味があります。それを受動態"be pleased"にして「喜ばせられる」→「喜ぶ」と表すわけです。前置詞は個別に異なるので暗記する必要があります。

仮定法について書籍ではさらっと触れていますが、仮定法は高校レベルの英文法の中でも難解な部類に入ります。文法書で体系的に勉強した方がよいでしょう。

練習58

1. 「給油されている」という表現が、進行形と受動態を兼ね備えていることに気づくことが重要です。それに気づけば、"are being oiled"の形を作ればよいと分かります。

2. 問題の一部に間違いがあり、"of this machine"と"about the operation and maintenance"の間にスラッシュ(/)が入ります。解答では位置が離れていますね。

「私はいくつかの質問を受けた」なので、"I was asked some question"となります。次に「運転と保守について」とあるので、"about the operation and maintenance"が続きます。最後は「この機械の」なので"of this machine"です。

3. 「もし~ならば、…だろう」という表現と"would be stronger"という表現があることから、仮定法の文ではないかと推測しましょう。

仮定法の文の形式"If + S + V(過去形), S + would + V(原形)."に当てはめていきます。

日本語を「その建物がこの材料で作られれば」と考え、"If the buildings were made of this material,"と訳します。「強度が増し」という日本語を、"they would be stronger"と訳し、「耐震性もよくなる」を「地震により耐えられる」と考え、"and more resistant to earthquakes."と訳しましょう。

4.4(p.145~151)

4.4.1(p.145~147)

不定詞には大きく分けて3種類の用法があります。

  1. 名詞的用法:「~すること」
  2. 副詞的用法:「~するために」
  3. 形容詞的用法:「~するための」

まずは上記の3種類を覚えましょう。形式主語、形式目的語の"it"の説明は書籍に書いてある通りです。

練習59

1. 主語が長いので、形式主語の"it"を用いて「~は難しい」を表現します。"It is difficult"。

次に形式主語の内容「どちらの溶鉱炉がよいかを説明することは」を英訳しましょう。"to explain which furnace is better."

2. 「学びたいと思う」はそのまま英語にすると"I want to learn"ですが、
もう少していねいな言い方は"I would [I'd] like to learn"です。

次に「故障箇所を発見する」ですが、これはコンピュータでよく使われる
「トラブルシューティング」"troubleshooting"がそのまま当てはまります。最後は「手順」の"procedures"です。

3. 主語が長いので形式主語の"it"を用います。「~が必要であろう」ですから"It will be necessary"です。次に「このテストを行う」と考え、" to run this test"で、「1時間以上行う」を、"for more than an hour."と訳します。

4. 「最善を尽くす」は"do one's best"という熟語です。「私たちは最善を尽くしてきた」なので、現在完了の表現を用いて"We have done our best"となります。後半は「信頼できる製品を作るために」なので、
"to produce reliable products"です。

5. 主語が長いので形式主語"it"を使います。「~が望ましい」ですから
"It is advisable"で、「バッテリを取り換える」は"to replace the batteries"です。

さらに「そのトランシーバのための」と考え"for the transceiver"となり、「弱くなりすぎる前に」を"before they become too weak."と訳します。

6. 文法的な解説が必要です。「Oを~させる」は"make O ~"となります(原形不定詞)。"make"などの特別な動詞の場合は"to ~"となりません。

本問の場合「プラスチックを流動状態にさせる」は"make plastics flow"です。しかし受動態にする場合は"be made to ~"のように"to"が入るというルールがあります。

以上より「プラスチックは流動状態にされる」は"Plastics are made to flow"で、「液体のような」は"like a  liquid."です。

4.4.2(p. 148~151)

練習60

5. 「もし~としたら」という表現は仮定法の一種です。仮定法のif節の中では"was"は使わずに"were"を使います。

「もし私が家を建てるとしたら」なので"If I were to build a house,"です。次に「それはこの団地の中にある」と考え、"it would be in the housing development."となります。

4.5(p.152~159)

4.5.1(p.152~155)

Example 39

(c) 「~することに慣れている」は"be used to ~ing"と表現します。注意点は"to"の後です。動詞の原形(to不定詞)ではありません。使い分けを意識して覚えておきましょう。

<参考>動名詞と不定詞の使い分け

p. 155に以下のような記述があります。
He started working[×to work] on time.
"start"は不定詞を目的語に取れません。動詞には

  • 不定詞も動名詞もとれるもの
  • 不定詞しかとれないもの
  • 動名詞しかとれないもの

があります。ここでは説明しきれないので、詳しくは文法書をご覧ください。

4.5.2(p. 156~159)

Example 40

(d) "An hour's drive"という表現があります。「1時間の車での移動」という意味です。では「2時間の車での移動」はどう表現するのでしょうか。正解は"two hours' drive"です。アポストロフィー(')の位置にご注意ください。

練習62

4. この問題では「事故」("accident")を空欄に埋めますが、"prevent A from doing"の"from"に注目してください。"from"を答えさせる問題も結構出題されます。

Chapter 4のまとめ

Chapter 4のまとめ
  • 比較・受動態・仮定法を文法書で学習する
  • 熟語表現を覚える
  • 動詞を覚えるときは、一緒に使われる前置詞も覚える
管理人

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
この記事が少しでもみなさまのお役に立てればうれしく思います。

『工業英検4級対策』独自解説のまとめはこちら↓

『工業英検4級対策』独自解説まとめ