英文法

【丸暗記しない英文法】oneとanotherとthe other

oneとanotherとthe other

oneとanotherとthe otherの使い方、丸暗記していませんか?

私がある参考書を見ていたとき、次のような記述に出会ったことがあります。

1回目2回目最後
単数oneanotherthe other
複数ones(some)othersthe others

この表の後に例文がいくつか載っていました。

ではこの表の意味を「理解」できるでしょうか?私にはムリでした。

大学受験では表を丸暗記して何とか乗り切りましたが、釈然としないものを感じていました。

しかしこの表の内容には、れっきとした「理由」があります。本記事ではその「理由」を説明するので、ぜひ「理解」していただきたいと思います。

"a"と"the"の意味:不定冠詞と定冠詞

私が中学生のころ通っていた塾の先生が、こんなことをおっしゃっていました。

先生

"the"の意味を本当に理解することは難しい

私は英語の専門家ではないので、"the"の詳細について全部は語れませんが、上記の表の内容を「説明」することはできます。

前提知識として、"a"と"the"の意味をざっくりとお話しします。

文法書によれば、"a"は不定冠詞、"the"は定冠詞です。不定冠詞は「決まってない」、定冠詞は「決まっている」という意味です。

There is a pen on the desk.(机の上にはペンがある。)

この例文ではaとtheが使われています。

"a pen"は、「特定のものではないけど、一本のペン」を指します。
"the desk"は、「(目の前にある)特定の机」を指します。

"the"について高校の英語の先生は、「"the"は『特定の』という意味だ。」とおっしゃっていました(言われた当時は意識していませんでしたが)。

またスタディサプリの関正生先生は「"the"は『共通認識』」とおっしゃっています。

上の例文では「"desk"には『共通認識』があり、"pen"には『共通認識』がありません」。"pen"に「共通認識」があったら、わざわざ「ペンがあるよ」とは言わないわけです。

"a"と"the"のイメージをつかんでいただいたところで、今回の本題に入ります。

oneとanotherとthe otherの意味

上記の表の内容を、図に書いてみるとこのようになります。

図解:oneとanotherとthe other

では、ひとつづつ解説していきましょう。

one

まずはこの会話文を見てください。

"Do you have a car?" "No, but I want to buy one."
「車を持っていますか?」「いいえ、でも1台買いたいと思います。」

ここで"one"は、"a car"の繰り返しを避けるために使われています。
(不特定の車なので、"it"は使えません)

一般に、"one"は不特定の1つのものを指します。

そのことを踏まえて図を見てみると、"one"は1つのものに注目していることがわかります。

another

"another"の語源は知っていますか?"another = an + other"です。

"other"には「別のもの」という意味があります。

"an"は"a"と同じ意味で、「不特定の1つ」という意味があります。図を見てみると、選ばれていないものが5つありますね。

5つのうち、「不特定の」「別のもの」を1つ選ぶので、"another"となるわけです。

the other

"the"が「特定の」という意味になることは先に説明しました。

図を見ると、5つはすでに選ばれていて、残りは「特定の」1つです。

「特定の」「別のもの」を選ぶので、"the other"となります。

ones

今度は複数の場合を見ていきましょう。

"ones"は"one"の複数形です。

図を見ると、複数のものを指しているので、"ones"となります。"some"を使うこともあります。

others

"others"は"other"の複数形です。

図を見ると、選ばれていない4つのもののうち、2つを選んでいます。

4つのうち、「不特定の」「複数の別のもの」を指すので、"others"となります。

the others

"the"に"others"がついていますね。

図を見ると、4つはすでに選ばれていて、残りは「特定の」2つしかありません。

「特定の」「複数の別のもの」を指すので、"the others"となります。

まとめ

oneとanotherとthe otherの区別

一覧表の丸暗記をしない

"a"と"the"、"one"と"other"のイメージをつかむ

イメージがつかめれば、丸暗記をしないで済む

図を用いて一通り説明してみましたが、いかがでしたか?

できるだけ丸暗記しないほうが、頭にも入りやすいはずです。

理解した後は、覚えるべきところを覚えて役立ててください。

管理人

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
この記事が少しでもみなさまのお役に立てればうれしく思います。