技術英検3級

【技術英検3級】『工業英検4級対策』独自解説 Chapter 1

『工業英語ファーストステップ』Chapter1
管理人

管理人のトイトブルクです。
本記事に興味を持っていただき、ありがとうございます。

【詳報】技術英検3級分析で紹介したとおり、技術英検3級の教科書としては次の2種類があります。

  • 工業英検4級対策
  • 技術英検I

のいずれかが適切と管理人は考えます。『工業英検4級対策』は技術英検3級に対応しています。

本記事は『工業英検4級対策』で解説を加えた方がよいと判断した部分を独自に解説したものです。

著作権の都合上『工業英検4級対策』の文章自体は掲載できません。『工業英検4級対策』をご用意の上でご覧ください。

本記事では『工業英検4級対策』の解説で不足していると思える点を補足していきます。

本記事では、Chapter 1の内容を扱います。

1.1(p.6~13)

1.1.1(p.6~9)

Example 1

(a) "read"は他動詞で「~を示す」という意味です。

(c) "be made of"と"be made from"について。

  • "of"は元の材料が見えるときに使います。「いす」は材料の木や金属がみえるので"of"です。
  • "from"は元の材料が見えないときに使います。「ワイン」は原料のブドウが一見してわからないので"from"を使います。

(d) "function"には複数の意味があるので使い分けが必要です。技術英語では「機能」「関数」の意味で多用されます。

(e) この文の"it"は形式主語で、"it" = "to construct the bridge"となります。"It takes <時間> to V"は頻出表現です。(V:動詞の原形)

練習2

2. "college"は「単科大学」、"university"は「総合大学」。

4. "supply A with B" = "supply B for A"でA(人・場所)にB(物)を供給するという意味になります。前置詞の使い分けにご注意ください。

1.1.2(p.10~13)

Example 2

(a) "weigh"は「~の重さがある」という動詞です。SVCの文型になります。

練習5

3. "rust"は「~を錆びさせる」という他動詞です。受け身にして"be rusted"で「錆びている」という意味になります。

4. "lying"の原形は"lie"「~がある」です。lieとlayの意味と変化に注意してください。
"lie" =「横たわる」(自動詞)  lie-lay-lain-lying
"lay" =「横たえる」(他動詞) lay-laid-laid-laying

1.2(p.14~21)

1.2.1(p.14~17)

Example 3

(e) "information"「情報」は不可算名詞です。「たくさんの情報」と表したいときは"much[a lot of] information"と表現します。

練習6

1. "finish"はここでは「~を仕上げる」という意味です。

練習7

1. "sur-"は「上から」「上に」という意味の接頭辞を表します。

2. "centi-"は「100分の1」という意味の接頭辞です。

3. "tele-"は「遠隔の」という意味の接頭辞を表します。

4. "-meter"は「~計」という意味の接尾辞です。

1.2.2(p.18~21)

Example 4

(a) "cost"は「~の費用がかかる」という他動詞になります。

練習8

1. (b) "dozen"は「1ダース(12個)」という意味です。

1.3

1.3.1

基数詞のスペルにはまぎらわしいものが多く見られます。

1.3.2

Example 6

(a) 最上級表現の一つで「~番目に大きい」という意味を表します。

(b) "twice"は「2倍」、"three times"は「3倍」、"~ times"は「~倍」、"a half"は「半分」です。

(e) "place"には「順位」という意味があります。

練習11

1. "3 times a day"の"a"は「~につき」という意味です。

6. "every"は「~ごとに」を表します。

練習12

1. "4 times harder than steel" = "4 times as hard as steel"
どちらも頻出です。

2. 「1/2」は"a half"、「1/3」は"one-third"などと綴ります。

1.4 (p.30~36)

1.4.1(p.30~33)

1.4~1.5は5文型に関する話です。
5文型では主語(S)・動詞(V)・目的語(O)・補語(C)を基準に英文を分類します。

5文型
  1. 第1文型:SV
  2. 第2文型:SVC
  3. 第3文型:SVO
  4. 第4文型:SVOO
  5. 第5文型:SVOC

S・V・O・Cは文の主要素です。またMを補助要素といい、文型とは関係ありません。

1.4.1 は第1・第2文型関連です。

練習13

3. 完成文は
"The tube is 15 meters and 8 centimeters in diameter."ここで"and"は"15 meters long"と"8 centimeters in diameter"を並列しています。"and"で並列するのは同じ構造をしたものです。この文では両方とも「長さ」を"and"でつないでいます。

練習14

1~4に出てくる前置詞(at, in, of)にも注意しましょう。"be interested in"の"in"は頻出です。

"interest"は「~に興味を持たせる」という他動詞。受動態にして"be interested in ~"とすると、「~に興味をもたせられる」→「~に興味をもつ」となります。

1.4.2(p.34.~36)

ここでは第3文型(SVO)を扱っています。

練習15

3. ここでの"run"は「走る」ではなく、「~を経営する」という意味の他動詞です。目的語があるかで区別しましょう。

1.5(p.37~41)

1.5.1

ここでは第4文型(SVOO)を扱っています。第4文型で用いられる動詞は少ないので、知らないものがあったら覚えておきましょう。

SVO1O2では、O1は「~に」、O2は「~を」に当たる言葉が入ります。
SVO1O2 = SVO2 to[for] O1という書き換えが可能です。

【前置詞"to"と"for"の使い分け】
工業英検で厳密に問われる可能性は低いと思いますが、上記の書き換えで"to"か"for"かは判断に迷います。

大まかにいうと、次のように分類できます。
to  :「相手に何かを届ける」意味を含むとき(giveなど)
for :「相手のために何かをしてあげる」意味を含むとき(buyなど)
of  :動詞が"ask"のとき(例外)

1.5.2(p.42~45)

ここでは第5文型(SVOC)を扱っています。この文型で用いられる動詞は数が限られるので、代表的なものは覚えておきましょう。

この文型では「O = C」の関係、あるいは「OがCする」という関係が成り立ちます。

Chapter 1のまとめ

Chapter 1のポイント
  • 技術英語独特の英単語を覚える
  • 5文型を覚える
  • 頻出熟語表現を覚える
管理人

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
この記事が少しでもみなさまのお役に立てればうれしく思います。

『工業英検4級対策』独自解説のまとめはこちら↓

『工業英検4級対策』独自解説まとめ