技術英検3級

【技術英検3級】第119回 問題I オリジナル解説

技術英検3級 第119回 問題I
管理人

管理人のトイトブルクです。
本記事に興味を持っていただき、ありがとうございます。

「技術英検3級」を勉強していて、こんなことはありませんか?

受験者

この問題の答え、なんでこうなるの?解説がないからわからない!

そうなんです。「技術英検3級」の過去問は『技術英検3級問題集』に掲載されていますが、解説がないんです。

管理人が以前「工業英検3級」「工業英検2級」の勉強をしたときも、

管理人

解説がないから自分で調べて考えなきゃ・・・

となることが多々ありました。

幸い管理人は

工業英検3級(技術英検2級相当)
工業英検2級(技術英検準プロフェッショナル相当)

に合格しています。

そこで本ブログでは、工業英検2級に合格した管理人が、技術英検3級過去問を解説します。

解説を読んでいただければ、

受験者

そうか!このように問題を解けばいいんだ!

と感じていただけるでしょう。

技術英検3級の過去問は『技術英検3級問題集』に掲載されています。

著作権の関係上、問題文は掲載できません。『技術英検3級問題集』をご用意の上、記事をお読みください。

本記事では、工業英検4級第119回(2019年5月)の問題Iを扱います。

なお、「技術英検3級」と「工業英検4級」はほぼ同内容の試験です。

技術英検3級 配点 問題I

「技術英検3級」における問題Iの配点は70点です。1問10点×7問=70点になります。

問題Iは英文和訳です。

幸い解答は4択の選択式なので、完全な訳ができなくても答えを導くことは可能です。

個別の問題に入る前に、解法の流れを見ておきましょう。

適切な和訳を選ぶ問題の解法
  1. 文の構造(SVOC)を把握する
  2. メイン構造を訳す
  3. 自分で直訳してみる
  4. 直訳が選択肢にない場合、文意を変えないで意訳しているものを探す

文の各要素は以下の通りとします。

ただしdiffer fromなど、前置詞を含む動詞(群動詞)をまとめて他動詞と扱う場合があります。

S:主語
V:動詞
O:目的語
C:補語
M:補助的な要素

上の解答手順を参考にしながら、個別の問題に入っていきましょう。

問題(a)~(g)の解説

(a)

文構造の把握

S=This device
V=converts
O=coal
M=into gas liquid fuel

<ポイント1>deviceは「装置」

<ポイント2>"convert A into B"は「AをBに変換する」

以上2点を正確に訳しているのは選択肢4. のみです。

(b)

文構造の把握

S=We
V=are
M1=excessively
C=dependent
M2=on communication devices

<ポイント1>"be dependent on A"「Aに依存する」

<ポイント2>"excesively"は「過度に」
excess「超過する」(動詞)
→excessive「超過して」(形容詞)
→excessively「過度に」(副詞)

「過度に依存する」→「依存しすぎている」と考えると、正解は選択肢2. です。

(c)

文構造の把握

S=The system
V=will ~ reach
M=eventually
O=a thermal equilibrium

<ポイント1>"eventually"「最終的に」「いずれ」

<ポイント2>"thermal"は「熱的な」

全体の直訳

以上2つのポイントをクリアしているのは選択肢4. のみです。

(d)

文構造の把握

S=Measures
M1=measuresにかかるto不定詞
V'=restrict
O'=both air and noise pollution
V=are ~ needed
M2=urgently

<ポイント1>"Measures ~ pollution"までが主語

<ポイント2>"measures"は複数形で「手段・対策」という意味。
2や3とは異なり、「測定・計測」ではありません。

以上のポイントを押さえた和訳が正解の選択肢1. です。

(e)

文構造の把握

Sは命令文なので省略
V=Remove
O=the insulation material
M=from each end of the three pieces of wire

<ポイント1>"remove"「はがす」

<ポイント2>"each end"「両端」
eachは「それぞれの」なので「両端」となります。

以上2点を押さえた和訳が正解の選択肢2. です。

(f)

文構造の把握

S=A solution of reactants
M1=which also contains byproducts
V=is distilled
M2=to不定詞
V'=get
O'=the desired product

<ポイント1>一見すると難しい単語が含まれていて敬遠したくなる問題ですが、落ち着いて主語を見ましょう。
"a solution of reactants"を「反応物質の溶液」と訳しているのは、実は選択肢4のみです。

<ポイント2>"~, which 文, ~"は挿入句として使われます。

<ポイント3>to不定詞は「結果」を表す用法として使われることも多く見受けられます。
"~ be distilled to get the desired product"「蒸留されて所望の生成物が得られる」

以上のポイントを押さえた和訳が、選択肢4. です。

[参考]関係代名詞の制限用法と非制限用法

関係代名詞は直前にカンマ(,)があるかで意味が変わります。

制限用法
"Tom has two sons who are doctors."
「トムには医者である2人の息子がいる。」
(医者でない別の息子がいる可能性がある)

非制限用法
"Tom has two sons, who are doctors."
「トムには2人の息子がおり、2人とも医者である。」
(医者でない別の息子はいない)

(g)

文構造の把握

when節
"you are"が省略されている
S'=you
V'=are testing
O'=a hypothesis
命令文のためSはない
V=make
O=every effort
to不定詞
V''=eliminate
O''=subjective or biased ideas

<ポイント1>"make effort to A"「努力してAする」

<ポイント2>"eliminate"「~を排除する」

<ポイント3>"subjective or biased ideas" = "subjective ideas or biased ideas"
andやorは「同じ要素」を接続するので"subjective"(形容詞)と"biased"(形容詞)を接続します。

<ポイント4>"subjective"(主観的な)⇔ "objective(客観的な)"

以上4点を押さえた和訳が選択肢1. です。

まとめ

問題Iを解くポイント

まずは文構造を把握しよう

メイン構造の訳だけで解答できる問題も多い

英文を直訳して、合致する選択肢を選ぶ

管理人

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
この記事が少しでもみなさまのお役に立てればうれしく思います。

技術英検3級過去問の解説一覧に戻るには、↓の画像をクリックしてください。

技術英検3級 過去問 オリジナル解説 リンク一覧