技術英検3級

【技術英検3級】第122回 問題VI オリジナル解説

技術英検3級 第122回 問題VI
管理人

管理人のトイトブルクです。
本記事に興味を持っていただき、ありがとうございます。

「技術英検3級」を勉強していて、こんなことはありませんか?

受験者

この問題の答え、なんでこうなるの?解説がないからわからない!

そうなんです。「技術英検3級」の過去問は『技術英検3級問題集』に掲載されていますが、解説がないんです。

管理人が以前「工業英検3級」「工業英検2級」の勉強をしたときも、

管理人

解説がないから自分で調べて考えなきゃ・・・

となることが多々ありました。

幸い管理人は

工業英検3級(技術英検2級相当)
工業英検2級(技術英検準プロフェッショナル相当)

に合格しています。

そこで本ブログでは、工業英検2級に合格した管理人が、技術英検3級過去問を解説します。

解説を読んでいただければ、

受験者

そうか!このように問題を解けばいいんだ!

と感じていただけるでしょう。

技術英検3級の過去問は『技術英検3級問題集』に掲載されています。

著作権の関係上、問題文は掲載できません。『技術英検3級問題集』をご用意の上、記事をお読みください。

本記事では、工業英検4級第122回(2020年1月)の問題VIを扱います。なお、『技術英検3級』と『工業英検4級』はほぼ同内容の試験です。

問題VIの傾向・対策

問題VIは空欄に当てはまる語句を選ぶ問題です。配点は4点×5問=20点。

技術英検3級 配点 問題VI

選択肢が多いので、選択肢の品詞を絞ることが先決です。

問題VIの解説

(a)の解答

空欄は後ろから"gravity(重力)"を修飾しているので、現在分詞(~ing)が入ります。

よって、選択肢4. accommodating(収容する)と6. acting(作用する)が候補です。

和文を見ると、空欄は「作用する」に相当する単語が入るため、選択肢6. actingが妥当。

(b)の解答

空欄は「密度」に相当する、選択肢9. densityが入ります。

"density"は技術英語では頻出なので、覚えておきましょう。

(c)の解答

空欄の直前は"An excess of greenhouse gas"という、三単現の主語です。

選択肢のうち、三単現のsが付いているものは5. failsと7. resultsだけです。

このように、文法事項から解答を絞ることが可能です。

"result in ~"で「~の結果になる」という表現なので、選択肢7. resultsが正解になります。

(d)の解答

「収穫」に当たる1. yieldが入ります。高校レベルの一般単語です。

(e)の解答

和文より、空欄は「機構」に相当する単語が入ります。選択肢10. mechanismが正解。

「メカニズム」とカタカナ読みできれば、連想できるでしょう。

まとめ

問題VIを解くポイント
  • まずは選択肢に入る品詞を絞ろう
  • 文法・熟語も解答の決め手になる
管理人

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
この記事が少しでもみなさまのお役に立てればうれしく思います。

技術英検3級過去問の解説一覧に戻るには、↓の画像をクリックしてください。

技術英検3級 過去問 オリジナル解説 リンク一覧