技術英検3級

【技術英検3級】第115回 問題I オリジナル解説

技術英検3級 第115回 問題I
管理人

管理人のトイトブルクです。
本記事に興味を持っていただき、ありがとうございます。

「技術英検3級」を勉強していて、こんなことはありませんか?

受験者

この問題の答え、なんでこうなるの?解説がないから分からない!

そうなんです。「技術英検3級」の過去問は『技術英検3級問題集』に掲載されていますが、解説がないんです。

管理人が以前「工業英検3級」「工業英検2級」の勉強をしたときも、

管理人

解説がないから自分で調べて考えなきゃ・・・・・・

となることが多々ありました。

管理人は現在

  • 工業英検3級(技術英検2級相当)
  • 工業英検2級(技術英検準プロフェッショナル相当)

の資格を持っています。

そこで本ブログでは、工業英検2級に合格した管理人が、技術英検3級の過去問を解説します。

解説を読んでいただければ、

受験者

そうか!このように問題を解けばいいんだ!

と感じていただけるでしょう。

技術英検3級の過去問は『技術英検3級問題集』に掲載されています。著作権の関係上、問題文は掲載できません。『技術英検3級問題集』をご用意の上、記事をお読みください。

本記事では、工業英検4級第115回(2018年5月)の問題Iを扱います。

なお、「技術英検3級」と「工業英検4級」はほぼ同内容の試験です。

技術英検3級 配点 問題I

「技術英検3級」における問題Iの配点は70点です。1問10点×7問=70点になります。

問題Iは英文和訳です。

幸い解答は4択の選択式なので、完全な訳ができなくても答えを導くことは可能です。

個別の問題に入る前に、解法の流れを見ておきましょう。

適切な和訳を選ぶ問題の解法
  • 文の構造(SVOC)を把握する
  • メイン構造を訳す
  • 自分で直訳してみる
  • 直訳が選択肢にない場合、文意を変えないで意訳しているものを探す

文の各要素は以下の通りとします。ただしdiffer fromなど、前置詞を含む動詞(群動詞)をまとめて他動詞と扱う場合があります。

  • S:主語
  • V:動詞
  • O:目的語
  • C:補語
  • M:補助的な要素

上の解答手順を参考にしながら、個別の問題に入っていきましょう。

問題(a)~(g)の解説

(a)

文構造の把握
  • S = We
  • V = are
  • M1 = heavily
  • C = dependent
  • M2 = on oil and gas imports
  • be dependent on A 「Aに依存する」

以上より、正解は選択肢1です。

(b)

文構造の把握
  • S = You
  • V = can establish
  • O = a temporary secure connection
  • M = with this software
  • establish 「~を確立する」
  • temporary 「一時的な」
  • can establish a temporary secure connection
  • 「一時的な安全な接続を確立できる」
  • →「一時的に安全な接続ができる」

以上2点より正解は選択肢4です。

(c)

文構造の把握
  • S = We
  • M = ususally
  • V = do not feel
  • C = the weight of the atmosphere
  • atmosphere 「大気」

以上より、選択肢2が正解となります。

(d)

文構造の把握
  • V = Fold
  • O = a hexagonal piece of water
  • M1 = in half
  • M2 = along its diagonal line
  • 多角形の英語表現
英語 日本語
pentagonal 五角形の
hexagonal 六角形の
heptagonal 七角形の
octagonal 八角形の
nonagonal 九角形の
decagonal 十角形の
polygonal 多角形の

hexagonalを六角形と訳している選択肢1が正解になります。

(e)

文構造の把握
  • S = Sea water
  • V = is evaporated
  • M = in this primary processing section
  • evaporate「~を蒸発させる」
  • primary「一次の」 secondary「二次の」 spare「予備の」

以上2点を押さえた和訳が正解の選択肢1です。

(f)

文構造の把握
  • S = The engine
  • V = must ~ be shut off
  • M1 = always
  • M2 = before an inspection
  • shut off A「Aを停止させる」
  • The engine must be shut off「エンジンを停止しなければならない」
  • inspection「点検」

以上より正解は選択肢3です。

(g)

文構造の把握
  • S = The number of cars
  • M1 = sold in Japan
  • M2 = last year
  • V = was
  • C = more
  • M3 = than 3.5 million

numberの表現

the number of A「Aの数」

a number of A「たくさんのA」

本問では"the number of cars"なので、「自動車の台数」と訳します。

もし「たくさんの自動車」の場合、wasではなくwereとなるはず。

3.5 million「350万」

thousand「1000」

million「100万」

billion「10億」

trillion「1兆」

sold in Japan「日本で販売された」

選択肢1は「製造された」なので不適切です。

以上を押さえた和訳が選択肢4です。

工業英検4級 第115回 問題I:まとめ

問題Iを解くポイント
  • まずは文構造を把握しよう
  • メイン構造の訳だけで解答できる問題も多い
  • 英文を直訳して、合致する選択肢を選ぶ
管理人

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
この記事が少しでもみなさまのお役に立てればうれしく思います。

技術英検3級過去問の解説一覧に戻るには、↓の画像をクリックしてください。

技術英検3級 過去問 オリジナル解説 リンク一覧