【技術英検3級】第114回 問題III オリジナル解説

当ページのリンクには広告が含まれています。

こんにちは、トイトブルクです!

「技術英検3級」を勉強していて、こんなことはありませんか?

受験者A

この問題の答え、なんでこうなるの?解説がないから分からない!

そうなんです。「技術英検3級」の過去問は『技術英検3級問題集』に掲載されていますが、解説がないんです。

過去問は『技術英検3級問題集』しか存在しないので購入は必須ですが、解説がないのは悩ましいところです。

管理人が以前「工業英検3級」「工業英検2級」の勉強をしたときも、

解説がないから自分で調べて考えなきゃ・・・・・・

となることが多々ありました。

ところで管理人は、現在以下の資格を持っています。

  • 工業英検3級(技術英検2級相当)
  • 工業英検2級(技術英検準プロフェッショナル相当)

そこで本ブログでは、工業英検2級に合格した管理人が、技術英検3級の過去問を解説します。

解説を読んでいただければ、

受験者B

そうか!このように問題を解けばいいんだ!

と感じていただけるでしょう。

技術英検3級の過去問は『技術英検3級問題集』に掲載されています。著作権の関係上、問題文は掲載できません。『技術英検3級問題集』をご用意の上、記事をお読みください。

本記事では、工業英検第114回(2018年1月)の問題IIIを扱います。

なお、「技術英検3級」と「工業英検4級」はほぼ同内容の試験です。

目次

問題IIIの傾向・対策

問題IIIは前半と後半のフレーズを組み合わせる問題で、配点は1問3点×5問=15点です。

技術英検3級 配点 問題III

問題が5題に対して選択肢が5つ。1か所間違えると自動的にもう1か所間違えてしまいます。

英文の前後をつなぐ問題の解法は以下の通りです。

英文の前後をつなぐ問題の解法

文の各要素は以下の通りとします。ただしdiffer fromなど、前置詞を含む動詞(群動詞)をまとめて他動詞と扱う場合があります。

  • S:主語
  • V:動詞
  • O:目的語
  • C:補語
  • M:補助的な要素

以下、問題の解説に入っていきます。

問題IIIの解説

(a)~(e)の文の要素

(a)

文の構成
  • S = A university network system
  • V = enables
  • O = students

(b)

文の構成
  • S = Last night’s fire
  • V = was caused

(c)

文の構成
  • S = The introduction of the new technology

(d)

文の構成
  • S = Prediction
  • V = means
  • O = stating

(e)

文の構成
  • S = A faucet
  • V = is
  • C = a device
  • 前置詞for

1~5の文の要素

1.

文の構成
  • V = raised
  • O = yields
  • M = to 85%

2.

文の構成
  • 動名詞turing
  • M = on and off
  • O’ = a flow of water

3.

文の構成
  • O = the possible results of an event

4.

文の構成
  • to不定詞
  • V’ = access
  • O’ = training programs
  • M’ = online

5.

文の構成
  • 前置詞by
  • 前置詞のO’ = an electric short

(a)の解答

enable A to do「Aが~するのを可能にする」

この構文に当てはまるのは4です。

本問は無生物主語なので訳に工夫が要ります。

「大学のネットワークシステムのおかげで訓練プログラムにオンラインで接続できる」

(b)の解答

受動態であることに着目すると

A was caused by B「AはBによって引き起こされた」

となります。この構文になっている選択肢は5しかありません。

(c)の解答

前半部全体が主語Sなので、後半はVから始まります。

よって文法的に見て1が正解です。

(d)の解答

前半が動名詞statingで終わるので、後半は動名詞の目的語から始まります。

したがって3が正解。

(e)の解答

前半はforで終わるので、後半は名詞か動名詞で始めなければなりません。

意味を考えると正解は2と考えるのが妥当でしょう。

技術英検3級 第114回 問題III:まとめ

問題IIIを解くポイント
  • 文の前半・後半を構造把握する
  • 文法的に成立する組み合わせを絞り込む
  • 最後に文の意味から判断する

最後までお読みいただき、ありがとうございました!この記事が少しでもみなさまのお役に立てばうれしく思います。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次