技術英検3級

【技術英検3級】『工業英語ファーストステップ』問題独自解説 Unit 10

『工業英語ファーストステップ』独自解説 Unit10
管理人

管理人のトイトブルクです。
本記事に興味を持っていただき、ありがとうございます。

本記事では、『技術英検3級』を受験する読者層に向けた書籍『工業英語ファーストステップ』について扱います。

『工業英語ファーストステップ』の概要は下記の記事をご覧ください。
【技術英検3級】『工業英語ファーストステップ』レビュー

本記事では『工業英語ファーストステップ』掲載の練習問題を独自に解説しております。本ブログは工業英検とは無関係です。

著作権の都合上、『工業英語ファーストステップ』の問題文は掲載できません。『工業英語ファーストステップ』をお手元にご用意の上、ご覧ください。

この記事ではUnit 10の練習問題を解説します。

問題1

英単語の意味を3択で選ぶ問題です。

(a) "lead"は「鉛」なので正解は選択肢3です。
"lead"は鉛の場合[led]と発音します。

(b) "negative"は「陰極の」なので正解は選択肢1です。

(c) "electrode"は「電極」なので正解は選択肢3です。

(d) "dilute"は「希釈の」なので正解は選択肢1です。

(e) "acid"は「酸」なので正解は選択肢3です。

問題選択肢1選択肢2選択肢3
(a)oxidationflatlead
(b)negativepositiveopposite
(c)terminalthe polar oppositeelectrode
(d)dilutethickcondensation
(e)zinccopperacid
選択肢の英訳(訳は一例、太字は正解の選択肢)

問題2

空欄に当てはまる語句を3択で選ぶ問題です。

(a) "consist of ~"は「~から構成される」という表現です。よって2. ofが正解です。

(b) 空欄の前後は「結果」←「理由」なので、3. becauseが正解です。

(c) 直前に"and"があるので、接続詞"because"や"as"は入りません。「それゆえに」を表す2. thereforeが入ります。

(d) "sulphuric acid(硫酸)"と"lead(鉛)"の間の反応なので、1. betweenが入ります。

(e) "electrolyte(電解質)"を「通過して」電流が流れるので1. throughが正解です。

問題3

空欄を10個の選択肢から選ぶ問題です。

(a) "a few"は「数個の」という表現です。よって7. fewが正解です。

(b) "by"か"with"で悩むでしょう。仮に"by"が入るとすると、受動態の動作主が"by"のあとの語句なので、能動態に書き換えられます。
An electric current recharges the battery.
「電流」が主体的に「バッテリ」を再充電するのでしょうか。「人間が」「電流」を用いて「バッテリ」を再充電するのが普通の考え方です。
以上の理由から、"by"は不適切です。よって正解は6. withです。

(c) 訳が「回復する」なので、"convert(転換する)"を使った場合、「元の状態に転換する」と考えます。「元の状態に」は1. backです。

(d) "How long will it take to ~?"は「~するのにどのくらい時間がかかりますか。」という表現です。よって10. takeが正解です。

(e) 「費用がかかる」は2. costで表現します。

問題4

日本語の英訳を3択で選ぶ問題です。

(a) 「費用がかかる」は"cost"なので選択肢1が正解になります。

(b) 「確かな」は"sure"なので選択肢1が正解です。

(c) 「電池」は"cell"なので選択肢3が正解です。

(d) 「陽極の」は"positive"なので選択肢2が正解です。

(e) 「浸す」は"immerse"なので選択肢3が正解です。

問題選択肢1選択肢2選択肢3
(a)費用がかかるお金価格
(b)確かな正しい本当の
(c)電気の太陽の電池
(d)陽極の陰極の
(e)流れる洗う浸す
選択肢の日本語訳(一例、太字は正解の選択肢)

まとめ

設問ごとの解き方
  • 設問1 英単語の意味を覚えていない場合はカタカナや派生語から推測
  • 設問2 前後の文法・語句で判断
  • 設問3 前後の文法・語句で判断
  • 設問4 選択肢の品詞や意味から判断
管理人

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
この記事が少しでもみなさまのお役に立てればうれしく思います。

『工業英語ファーストステップ』独自解説の一覧はこちら↓

『工業英語ファーストステップ』独自解説まとめ