ブログ

【注意】ブログと著作権

ブログと著作権
管理人

管理人のトイトブルクです。
本記事に興味を持っていただき、ありがとうございます。

私も含め、ブログやTwitterなどで情報発信する方が増えてきました。

ただ、他の方のブログなどを見ていてときどきこう思います。

この文章や画像、勝手に使っているけど、大丈夫かな?

そこで今回は著作権のうち、ブログに関わる部分について、文化庁のWebサイトの情報を基に整理してきます。

管理人は法律のプロではありません。可能な限り調査して本記事を書いていますが、著作権に関してご質問を受けてもお答えするほどの専門知識は持ち合わせておりません。ご了承ください。

「著作権」とは?

ときどき社会問題にもなる著作権ですが、そもそも著作権とはなんでしょうか?

「著作権」が保護する「著作物」は、以下の4つの条件をすべて満たす必要があります(文化庁Webサイトの情報に基づく)。https://www.bunka.go.jp/seisaku/chosakuken/seidokaisetsu/gaiyo/chosakubutsu.html

著作物の4条件
  1. 思想または感情を表現したもの。単なるデータは含まない。
  2. 思想または感情を表現したもの。アイデアなどは含まない。
  3. 思想または感情を創作的に表現したもの。他人の作品を模倣したものは含まない。
  4. 文芸、学術、美術または音楽の範囲に属するもの。工業製品は含まない。

小説,音楽,美術,映画,コンピュータプログラムが具体例です。

新聞、雑誌、百科事典などは編集著作物として保護されます。

百科事典の一つの項目は「データ」に近くても、「データを編集したもの」は「創作的」と判断されます。

「著作物」と判断されたものは、原則著作権者の許可なしで利用できません。

Twitterやブログなどで他人の文章や画像を無断でコピーするのは、著作権法に違反していることになります。

「引用」とは:許可なしで利用できる場合

では他人の書いた文章は一文たりとも許可なく利用できないのでしょうか。

著作物の利用には引用という規定があって、引用に当たる場合には許可なく文章を利用できます。

引用は主に次の条件を満たす必要があります(文化庁Webサイトの情報に基づく)。
https://pf.bunka.go.jp/chosaku/chosakuken/naruhodo/ref.asp

引用の主な条件
  1. 引用文献は公表されている
  2. 公正な慣行」に合致する。引用の「必然性」がある、引用部分が「明確に分離」されているなど。
  3. 引用の目的上「正当な範囲内」である。オリジナルの文章が「」、引用部分が「」である。
  4. 出典が明示されている。

引用をしているからこそ、他の人が書いた文章を紹介できるのですね。

まとめ

著作権と引用
  • 「著作物」は複数の条件を満たす必要がある
  • 「著作物」は許可なく利用できない
  • 「引用」にも複数の条件がある
  • 「引用」なら許可なく記載可能

一応管理人のブログのことについても触れておきます。このブログが著作権に違反していたら説得力がありませんから。

書籍解説記事

書籍を解説している記事には、目次や元の文章を載せていません。

目次が編集著作権に該当することと、元の文章を全文掲載すると引用のレベルを超えることが理由です。

単語や番号は著作物に該当しないので掲載しています。

ゲーム関連記事

ゲームの解説・攻略記事では、攻略本の「データ」を利用していることがあります。

単なる「データ」には著作権が存在しないため、管理人のウェブサイトでも使用可能です。下記参照。
https://www.bengo4.com/c_1015/c_17/c_1263/b_990558/

広告画像

商品の広告画像を掲載している記事もありますが、広告画像の著作権はAmazonが所有しています。

管理人はAmazonとのアソシエイト契約を結んでおり、Amazonの商品ページへのリンクとして広告画像を使用可能です。

アイキャッチ画像

記事の見出しに画像(アイキャッチ画像)を使用しています。

この画像は、O-DAN(オーダン)という画像サイトからダウンロードした画像を、Inkscapeという画像加工アプリで加工したものです。
O-DAN:https://o-dan.net/ja/

O-DANにある画像はブログなどに著作権表示なしで使用できます。画像の加工も許可されています。

その他の画像

ほかの画像は自作した画像や、ICOOON MONOという画像サイトからダウンロードした画像を加工して利用しています。
ICOOON MONO:https://icooon-mono.com/

管理人

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
この記事が少しでもみなさまのお役に立てればうれしく思います。